本カバー.pngKADOKAWAさんから「外資系コンサルタントのお金の貯め方」を出版しました!!


2017年07月09日

年金は繰上受給は損か?得か?

年金は60歳から70歳の間で受給開始時期を自分で決められます。
ただし、
65歳を基準として、繰上げ受給すれば年金額は減り、繰下げ受給すれば年金額は増える仕組みになっていることに留意する必要があります。

年金.jpg

どれだけ、減額または増額されるかと言うと。
老齢基礎年金について具体的に見てみると、日本年金機構に分かりやすく書かかれており、60歳受給で30%減額、70歳受給で42%増額となっています。随分、大きな増減率だと感じます。もう少し定量的に見てみましょう。

受給開始年齢と老齢基礎年金の受給総額をグラフ化すると次のような形になります。
年金受給開始時期と受給総額の関係.png

何歳まで生きるかによって、60歳受給→65歳受給→70歳受給と有利な受給開始時期が変化していくのが分かります。
76歳前後までしか生きないなら60歳受給、81歳前後まで生きるつもりなら65歳受給、それ以上長生きするなら70歳受給が良いことになります。
ちなみに現在60歳の方の平均余命は男性23年強、女性29年弱ですから、平均的には81歳以上まで生きています。

<スポンサーリンク>


しかし、

当方なら出来るだけ早く、年金を受給する選択をします。理由は2つ。

1.平均寿命より健康寿命は短い
健康で活発に活動できるうちにお金があった方が良い

2.今日の10,000円は5年後の13,000円以上の価値を感じる
ディスカウントキャッシュフロー的な考え方

※繰上げ受給には、その他のデメリットもあるので日本年金機構で注意事項の確認をお忘れなく。










>>その他生活ブログ 家計管理・貯蓄

>>節約・貯蓄情報(人気ブログランキング)



<スポンサーリンク>



posted by うたた寝 at 10:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本人の年収・貯金額・支出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。