本カバー.pngKADOKAWAさんから「外資系コンサルタントのお金の貯め方」を出版しました!!


2017年01月18日

元外資系コンサルタントの2016年家計簿 〜ゴールまであと一歩!!〜

2016年の貯金生活を総括します。
まずは支出から。
幸せ.jpg


■年間370万円の支出
2016年の生活費.png

2015年の支出の合計は369.8万円で、2015年から30万円ほど減少しました。
構成比をみると、1位が32%を占める住居費、2位が24%の食費となっており、この2つの費目で56%と過半数を占めています。他の費目の構成比はすべて10%以下なので、この2つの費目が完全に突出しています。これまでに何度かお伝えしている内容ではありますが、住居費は交通費や食費に大きく関係しているので削減は難しいです。
したがって食費がさらなる削減の対象になります。この構図は昨年と変わっていません。
しかしながら、ここの削減も難しいです。我が家は共働きで互いに忙しい時期になると平日の自炊が難しくなります。また、おいしい食事が活力の源にもなっています。現在のところ、計画通り貯金出来ているのでムリをせずにこのまま進んでいきたいと思います。

2016年の月別支出の明細は以下の通りです。
2016年の月別生活費.png


次に収入を振り返ります。
<スポンサーリンク>


■給与収入1,579万円、資産運用益170万円で年間総収入は1,749万円
年間収入 月平均
世帯収入合計 17,486,601円1,457,217円
うたた寝の給与収入 8,434,656円702,888円
妻の給与収入 7,353,421円612,785円
資産運用収入 1,698,524円141,544円

年間の収入は1,750万円弱です。平日休日関係なく1日あたりの収入に換算すると約4.8万円となります。
収入は給与が9割です。会社から必要として頂き重要な仕事を任せてもらえていること、そして過去の自分達の努力がなければ実現できない収入ですから、両者に感謝です。

最後に貯金の実績です。


■年間貯金額は1,069万円
単月貯金額 累計貯金額
1月 581,911円581,911円
2月 570,104円1,152,015円
3月 753,314円1,905,329円
4月 651,729円2,557,058円
5月 633,234円3,190,292円
6月 685,739円3,876,031円
7月 1,214,893円5,090,924円
8月 2,361,092円7,452,016円
9月 828,940円8,280,956円
10月 502,290円8,783,246円
11月 763,182円9,546,428円
12月 1,141,519円10,687,947円

8月は資産運用益と賞与の計上月、12月は賞与の計上月であるため、貯金額が高くなっています。貯金生活も9年目を終え残り1年となりました。これまでの貯金額は9,000万円を超えています。
今年の中盤ぐらいから、目標達成後の生活の準備をはじめようと思います。


関連記事:
・1億円貯金で実現したい3つのこと
・7000万円貯めて考えたこと〜貯金生活を送る意義〜
・元外資系コンサルタントの2015年家計簿 〜ついに貯金額8000万円到達〜
・元外資系コンサルタントの2014年家計簿
・元外資系コンサルタントの2013年家計簿
・外資系コンサルタントの2012年家計簿
・外資系コンサルタントの2011年家計簿










>>その他生活ブログ 家計管理・貯蓄

>>節約・貯蓄情報(人気ブログランキング)



<スポンサーリンク>



posted by うたた寝 at 04:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年間貯金額・ライフプラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。