本カバー.pngKADOKAWAさんから「外資系コンサルタントのお金の貯め方」を出版しました!!


2016年03月29日

お金が貯まるスピード〜経験に基づく貯金の頑張りどころ〜

本日はお金の貯まるスピードについて、経験談を1つ。

お金が貯まるスピードは、“100万円貯めた時点、300万円貯めた時点、1000万円貯めた時点、3000万円貯めた時点、7000万円貯めた時点”と、これまで貯めた金額によって全く異なります。手元のお金が増えるほど早くなるのです。

その理由は3つあると考えます。
マネー.jpg

1つ目は、貯めたお金を運用することで収入を増やせるためです。こちらは当たり前と言うか、誰でも想像できる事柄ですね。
手元のお金が多いほど、低リターンでも十分な金額が得られるようになる点も忘れてはなりません。

2つ目は、貯金の実績を積むことで、メリハリの利いた節約やお金の使い方を体得できるためです。長年の試行錯誤を繰り返す中で、自然にお金が貯まる生活が送れるようになります。

最後の3つ目は、当方が最も重要だと思う心理的な面です。当方の経験では、貯金額を300万円から1000万円まで増やすのがとても大変でした。すごく長い時間がかかったように記憶しています。目標額の大きさに対する手持ちの金額の少なさに焦りもあったと思います。
では、1000万円から3000万円までは、その2倍以上の時間を感じたかというと、そんなことはありません。大変は大変でしたが、「もう3000万円貯まった」といった印象で、時間の感覚としては300万円から1000万円とそれほど違わなかったです(もちろん、実際の時間は1000万円から3000万円貯める時の方がかかっています)。
それから5000万円、7000万円と貯まる体感スピードはもっと早く、気づくと去年末で8000万円です。手持ちのお金が増えることで、お金に関する心配事が少なくなり、心に余裕が出来、どっしりと構え大局的な判断が出来るようになったこと大きいと思います。

このような、経験から大きなお金を貯める場合の頑張りどころは、1000万円を貯めるまでの道のりだと思います。図で示すと次のような感じです。

お金が貯まるスピード.png


それから、せっかく貯めたお金は、出来るだけお金をつくるための消費にまわすことが肝要です。



関連記事:
・外資系コンサルタントの2011年家計簿
・外資系コンサルタントの2012年家計簿
・元外資系コンサルタントの2013年家計簿
・元外資系コンサルタントの2014年家計簿










>>その他生活ブログ 家計管理・貯蓄

>>節約・貯蓄情報(人気ブログランキング)



<スポンサーリンク>



posted by うたた寝 at 06:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 貯金の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。