本カバー.pngKADOKAWAさんから「外資系コンサルタントのお金の貯め方」を出版しました!!


2016年01月11日

使い切れないお金〜日本人が死ぬ時に残すお金〜

お金をあの世に持っていくことは出来ません。自分の葬儀代を除けば、お金は生きている内に使い切っても全く問題ありません。子供のために。。。という観点からお金を残す考えもあるでしょうが、無条件で与えるお金は、人をダメにしてしまう火種でもあります。子供に悪影響を与える可能性がある財産を残すぐらいなら、自分が生きている内にそのお金を使って、子供にお金との向き合い方を学ぶ機会を与える方が有効だと考えます。

さて、本日の本題です。日本人が死ぬ時に残るお金って平均どの位なのでしょうか?よく、定年退職するまでに数千万円貯めようなんて言われますが、実際には、すべての人が数千万円貯められる訳ではありませんし、すべて綺麗に使い切ることもないはずです。
貴重な時間を投資して必要以上にお金を稼ぎ・貯め、使わずに寿命を迎えるのは残念な気がします。老後はこれまで頑張った自分への褒美としての有意義な生活のために、お金を使い切ることも大切な視点だと考えます。

死ぬ時に残すお金.jpg


<目次>
・70歳代の貯蓄額と借入額
・70歳以上世帯の月間収支
・70歳代の平均余命
・日本人が死ぬ時に残すお金
・所感



■70歳代の貯蓄額と借入額
まず、ベースとなる高齢者の貯蓄額を調べます。
総務省が平成25年に行った家計調査によると、世帯主の年齢別にみた1世帯当たりの平均貯蓄額と平均負債額は次の通りです。
世帯主の年齢 貯蓄額(万円) 負債額(万円)
平均 1,739499
40歳未満 588931
40〜49歳 1,049994
50〜59歳 1,595607
60〜69歳 2,385204
70歳以上 2,38593

上記より、70歳以上の正味貯蓄額は2,292万円(2,385−93)となります。次に70歳以上の収入と支出(生活費)を調べます。


■70歳以上世帯の月間収支
総務省の平成25年家計調査によると、70歳以上(平均76.6歳、二人以上世帯、無職世帯)の月間収支は−45,035円です。年換算すると−54万円となるので、毎年貯蓄が54万円ずつ減っていくことになります。
高齢者の家計.jpg



■70歳代の平均余命と葬式代ほか
日本人が死ぬ時に残すお金を算出するための最後のデータとして、余命を調べます。厚生労働省の平成25年簡易生命表では、75歳の平均余命は男性11.74年、女性15.39年となっています。今回は男女の間をとって13.6年を使って“日本人が死ぬ時に残るお金”を算出します。
寿命をまっとうした後に必要となる葬式代と墓代などは、250万円/人とします。詳細については、以前の紹介記事「死んだあとに必要になるお金〜葬式代と6つの葬り方〜」を参照してください。
葬儀.jpg



■日本人が死ぬ時に残すお金
これまでのデータから日本人が死ぬ時に残すお金を割り出します。
・現在の正味貯蓄額2,292万円(世帯値)
・平均余命13.6年
・年間の貯蓄取り崩し額54万円(世帯値)
・寿命をまっとうした後に必要になる金額250万円(1人当たり)

<日本人が死ぬ時に残すお金>
2,292(万円/世帯)−13.6(年)×54(万円/年)=1,557.6(万円/世帯)
1,557.6(万円/世帯)÷2(人/世帯)−250(万円/人)=約529(万円/人)
・二人以上世帯を二人世帯として計算

以上の計算より、日本人が死ぬ時に残すお金は529万円となりました。荒っぽい計算ではありますが、、、


■所感
本来なら中央値(※)で計算する方が実態に近くなるのですが、データが見つけられなかったので全て平均値で計算しました。日本の平均貯蓄額は一部の人たちがつり上げる構造となっているため、平均値と中央値を比較すると中央値の方が低くなります。これを勘案すると、実際には、もう少し低い金額(300〜400万円ぐらい?)を残して、寿命をまっとうする方々が多いと考えます。
また、今後の趨勢で言えば、年金額の減少と長寿命化により“残すお金”は減少する傾向にあると考えます。
※中央値:データを小さい順(あるいは大きい順)に並べたときに、真ん中に来る値

自分のお金は使い切るという観点からすると、万が一に備え1人あたり100万円を取っておくとしても、200万円〜400万円は余分にお金を残していることが分かります。1人200万円もあれば、とっておきの思い出を作れます。

自分のお金なのでどう使うかは、その人次第となります。しかしながら、誰にも迷惑をかけることなく寿命をまっとうするためのお金を確保したら、後は自分のために使って楽しむのも悪くないのではないでしょうか。そんな親の姿をみて子供もお金の使い方や稼ぐことの大変さなどを学んでいくと考えます。



関連記事:
・死ぬまでに必要となるお金はいくら!?
・死んだあとに必要になるお金〜葬式代と6つの葬り方〜
・定年退職後の生活の仕方と収入
・世帯年収と生活費の関係 〜全支出〜
・老後破産の対策〜過半数が定年後も働き続ける世の中へ〜










>>その他生活ブログ 家計管理・貯蓄

>>節約・貯蓄情報(人気ブログランキング)



<スポンサーリンク>



posted by うたた寝 at 00:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本人の年収・貯金額・支出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。