本カバー.pngKADOKAWAさんから「外資系コンサルタントのお金の貯め方」を出版しました!!


2015年11月30日

忘年会に出席する人は注目!!忘年会で失うモノ

明日から12月。12月といえば忘年会。中には1週間に2回3回と予定が入っている方もいるのではないでしょうか。本日は、各種アンケート結果から会費の相場から意外な落とし穴まで、忘年会について色々な角度から調査しました。忘年会を控えている方は、ぜひご一読ください。

忘年会.jpg


■忘年会に参加しない人は全体の2割
<今年の忘年会に参加する予定ですか?>
・参加する 44.5%
・まだ決めていない 35.0%
行かない 20.5%
データ出所:アサヒグループホールディングス

最近では、会社の飲み会を極力避ける方も多いようです。飲み会だけがコミュニケーションの場ではないので、変な雰囲気にならなければ、個人的には問題ないと考えます。
断り方の王道としては、
先約あり(他の忘年会と重なっている。配偶者の忘年会と重なっていて子供の面倒を見る)
急用(電話してもらって途中でぬける。熱を出した家族の看病)
病気(薬を飲んでいてアルコールは禁止。健康診断で肝臓の数値が悪い)

といったところでしょうか。
変化球としては、次のようなものがあるようです。
金欠(妻や子供へのクリスマスプレゼントで金銭的に厳しい)
ダイエット中(専属トレーナーから参加を禁止されている)

いずれにしても、自分にとっても、相手にとっても一番マイナスなのは返事を先延ばしにすることだと思います。参加したくない場合は、キッパリ断ってしまいましょう。あれこれ言わずに「用事があるので」でも良いと思います。あくまでも私的意見ですが。。。続いては、忘年会に参加予定がある人の参加回数のデータを紹介します。


■参加を決めている人の7割が複数回忘年会に参加!
<今年の忘年会の参加回数は?>
・1回 31.9%
・2回 39.9%
・3回 17.7%
・4回 5.0%
・5回以上 5.5%
データ出所:アサヒグループホールディングス

思ったより少ないと言うのが、当方の率直な感想です。知り合いの営業職の方は、既に12月の平日は予定でいっぱいで、これからダブルヘッダーになると話していました。体調を崩さないようにしてもらいたいです。忘年会=仕事の方々はどうぞご自愛ください。


■納得感のある参加費は3〜5千円
<あなたが幹事なら、一人当りの参加費をいくらにしますか?>
・3,000円〜5,000円で60%以上
データ出所:アサヒグループホールディングス

<忘年会の平均予算>
・部署・チームの忘年会:4,796円
・プライベートの忘年会:4,637円
データ出所:ぐるなび

金額面だけで判断するなら、3千円台にしておけば多くの人が納得するようです。無難いくなら料理の充実も視野に入れて4千円台でしょうか。この結果を見る限り、5千円台になると高いと感じる人が一気に増えてしまいそうです。
次は、忘年会の意外な落とし穴に関するデータです。


■お酒で失う意外なもの
<酔ってなくしたモノ>
酔ってなくしたモノ 割合
記憶 14.9%
財布 13.5%
コートなどの上着 10.4%
家の鍵 9.0%
携帯電話 8.8%
羞恥心 5.7%
指輪などのアクセサリー 5.0%
車の鍵 4.0%
マフラー、手袋などの小物衣類 3.6%
信用・信頼 3.6%
定期券・PASMO/Suica 3.3%
時計 2.8%
1.9%
友人 1.9%
恋人 1.7%
仕事 1.6%
PC 1.2%
手帳 0.7%

データ出所:オウチーノ

物理的なものから精神的なものまで、様々ありますが、いずれもダメージは大きいです。気をつけましょう。


■ビッグデータによると一番の集中日は18日
<混雑日ランキング>
1位:12月18日(金)
次点:12月11日(金)と12月22日(火)
データ出所:ぐるなび

休みの前日が人気です。次の日を気にしなくて楽しめるのは良いですね。
なお、当方は世の中の人とは少し違う考えで、飲み会は出来るだけ平日中に終わらせて、休みの前日の夜こそ早く帰宅して、のんびりしたいと思っています。


■所感
幹事の方は4千円台以下の会費で予算組みしておけば、一般的には問題なさそうです。12月中旬ごろ(特に18日)の開催は、予約が取りにくくなりそうなので、今日にでも予約を入れておいた方が良いでしょう。

お金を払って参加する忘年会ですから、せっかくなら楽しく有意義な時間を過ごしたいものです。そのための一番のポイントは、節度を持って参加することだと考えます。信頼を失い人間関係を壊してしまうのは大きなマイナスです。特に職場の忘年会は、どんなに楽しくても無礼講など無いと肝に銘じましょう。
間違ってもお金を払って大切なモノを失わないように。それでは、良い忘年会を!



関連記事:
・年間11万円!!サラリーマンの自腹タクシー代
・自分への投資の考え方 〜ライフプランの立て方〜
・小遣い見直しの2つポイント










>>その他生活ブログ 家計管理・貯蓄

>>節約・貯蓄情報(人気ブログランキング)



<スポンサーリンク>



posted by うたた寝 at 05:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本人の年収・貯金額・支出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。