本カバー.pngKADOKAWAさんから「外資系コンサルタントのお金の貯め方」を出版しました!!


2015年05月06日

【没原稿】借金返済の優先順位と方法 その1


出版のために執筆した内容のうち、ページ数や重要度の観点からカットした部分を掲載いたします。今回は、借金返済の方法と優先順位に関する内容となります。当初は第3章「お金の貯まる戦略とロードマップ」に記載される予定でした。
※推敲前の文章なので、読みにくい部分もあると思いますが、ご容赦ください。


借金返済.png






全てにおいて優先されるべき施策があります。それは貯金の大敵である借金を0にすることです。当たり前と言えば、当たり前なのですが、世の中には車やクレジットカードのローンを抱えたまま、貯金に励んでいる人がいます。

「借金と騒ぐほどの金額じゃないし、次のボーナスで返済するから。」
「払おうと思えば一括で支払えるけど、手元にお金を残しておきたいから。」

といった理由をあげて、今抱えている借金を問題視しない人は少なくありません。しかし僕はこういった考えは間違いだと思います。なぜなら、借りたお金は利息分を上乗せして返す必要があるため、貯金効率を大きく低下させるからです。最も効率的な貯金を目指そうとしている時に、明らかに非効率な要因を抱えているとすれば、まずはそれを片付けるのが重要です。いま、借金がある人は貯金生活を始める前にまず借金の返済を優先しましょう。



●貯金生活の足を引っ張る借入れ

借入れと聞いてあなたは何をイメージするでしょうか?「自動車ローン」「クレジットカードの分割払い・リボ払い」「住宅ローン」「教育ローン」「消費者金融からのキャッシング」「奨学金」など我々のまわりには数多くの借入れ機会が存在しています。
街中に消費者金融の無人機が設置され、お金を借り易い環境が整っているので利用する方も少なくないと思います。このお金を借りるという行為は、多くの場面で貯金の障害となります。その仕組みを整理してみましょう。

1.借入れ(ローン)は永久に貯金できないサイクルへの入り口
借りたお金は当然返さなければいけません。つまり一度借入れをすると、次の収入(給与)の一部を返済にあてる必要がでてきます。返済がある分だけ、貯金が難しくなります。貯金ができないと次の購入もローンになります。


ちょっとした借金からはじまる貯金できない負のサイクル
借金サイクル.png




2.借りたお金は返せない
極端な表現にはなりますが、“借りたお金は返すことが出来ない”と思ってください。借りたお金の返済は、何ヶ月間もしっかりとお金の管理をしてはじめて実現できます。この管理が出来る人は、計画的にお金を貯めて使える能力が備わっている人です。裏を返せば、計画的にお金を管理できる人は、そもそもお金を借りる状況に陥りません。計画的でないからこそ、本来であればお金を貯めてから購入することができる商品・サービスを、お金を借りて購入してしまうことになるのです。





●借金の返済方法

はじめに言っておきますが、借金を0にするための楽な方法はありません。欲求を優先し、将来のお金を使ってしまったのですから、その分のしわ寄せを受け止めなければなりません。

借りたお金を返すのはとても大変で苦労しますが、その苦労を最小限にする方法は明らかです。それは、“今すぐ”、“固い決意のもと”返済を進めることです。

僕は、高校入学から奨学金を借りており、大学院卒業時には借入総額が480万円を超えていました。社会人になったばかりの僕にとっては、とても大きな金額でしたが、なんとか4年ほどで480万円を超える現金を貯め終え、いつでも返済できる状態にすることが出来ました。僕はこの時点でようやく本当の貯金をスタートさせたことになります。
僕が借りている奨学金は無利息である為、実際には返済せずに手元に現金を残していますが、仮に利息がつくのであれば迷わず返済しています。

次に、借入金を減らす生活の中で、実際に有効だと感じた2つのポイントをお伝えします。

(明日につづく)


関連記事:
・ 貯金をはじめる前に借入れを整理するべき理由
・【正攻法で考える】借金を0にする具体的なアプローチ(方法)
・借りて良いお金とダメなお金
・クレジットカードの賢く安全に利用するための5つのルール
・お金を借りることの意味
・クレジットカードリボ払いの恐怖













>>その他生活ブログ 家計管理・貯蓄

>>節約・貯蓄情報(人気ブログランキング)



<スポンサーリンク>



posted by うたた寝 at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 貯金の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。