本カバー.pngKADOKAWAさんから「外資系コンサルタントのお金の貯め方」を出版しました!!


2015年02月27日

家計簿で管理すべき12項目 〜完全版〜


過去記事で「家計簿で管理すべき12項目」について紹介をしました。とても人気があり、今でも多くの方々に読んでいただいています。しかし、この記事は12項目に含める具体例を省略しているなどの少し不親切な部分があります。
そこで、本日は「完全版」と題して、当方の経験とノウハウをつめ込んだ“簡単でも役立つ家計簿にするための12項目”について記載いたします。

家計簿で成功する主婦.png




■簡単でも役立つ家計簿に必要な12項目

家計簿に必要な12項目は以下の通りです。具体例もあわせて記載しているので、どの項目として家計簿をつければ良いのか迷った時の参考にしてください。
なお、どうしても別立てで管理しなければならない項目がある場合は+1項目して下さい。ただし最大でも13項目です。項目が増えれば増えるほど家計簿の作成が大変になるので、この点は強くおすすめいたします。

家計簿に必要な12項目.png






■家計簿の実例〜2015年1月のうたた寝の家計簿〜

実際の家計簿です。当方は1週間分をまとめてつけています。12項目(+1項目)だと3〜5分ほどで入力(記帳)が終わります。面倒になることなく続けられます。

実際の家計簿.png






■なぜ12項目なのか

家計簿はただつけるだけでは、あまり効果を発揮しません。生活費を分析して、改善策を立て実施することで初めて本来の価値を発揮します。
このような話をすると“将来分析しやすいように細かくつけておいた方が良い”と考える方もいると思います。当方も昔はそうでした。
しかし上記の12項目で十分です。これまで7年間貯金生活を続けて来ましたが、上記の12項目より細かい項目が必要になった経験は1度もありません。

使わないデータの作成に時間をかけて細かい家計簿を作っても“モッタイナイ”だけです。想像してみてください。「今月は魚を買い過ぎたので来月は魚を買うのをひかえて、貯金にまわすお金を増やそう!」なんていう分析をして、実際の行動に結びつけられる人はほとんどいないはずです。


以下、過去記事から再掲(一部修正)
●項目が大まか過ぎる場合
説明は不要な気がしますが、大まか過ぎると後で、分析できなくなります。繰り返しになりますが、家計簿をつける目的は、家計の無駄を明らかにして、貯金にまわせるお金を増やすことです。面倒だからといって、大まかな項目にし過ぎると、どこに家計の無駄があるのかが見えなくなってしまいます。

●細か過ぎる場合
項目を多くし過ぎると、家計簿をつけるのがその分だけ大変になります。精緻につければ良いわけではありません。場合によってはただの無駄な作業となってしまいます。
「毎月5万円の食費が今月は7万円になっている。」といった事実の把握が可能となることが重要です。原因について考えるきっかけが持てれば十分です。毎月一定額で変動がない小遣いも項目だてするのではなく、教養娯楽費かその他支出のどちらかに含めて、一括管理して大丈夫です。効率重視で行きましょう。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



■補足

具体例を12項目のどこに含めるかについては、“必ずこの通りにつけなければダメ!”というわけではありません。例えば、上記の具体例では自動車保険を交通費に含めていますが保険/税に含めても良いです。あなた自身の生活スタイルを踏まえて、管理しやすいようにしてください。ただし、ルールは1度決めたら変更しないことが重要です。ルールを頻繁に変えると前月や前々月との比較ができなくなってしまいます。





関連記事:
家計簿をつける頻度と振り返る頻度
家計簿に必要な正確さ
家計簿をデジタル管理すべき3つの理由
家計簿を続けるための3つの心構え
家計簿で管理すべき12の項目











>>その他生活ブログ 家計管理・貯蓄

>>節約・貯蓄情報(人気ブログランキング)



<スポンサーリンク>



posted by うたた寝 at 05:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 貯金の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うたた寝さん、ものすごく久しぶりです。
以前、教育費の分類を質問したいるかです。
12項目で家計簿つけてます。項目が少ないのは、つけてても楽です。うたた寝さんがおっしゃってるように、この分類で困ったことは今のとこありません。
グレードUPした記事、さらにわかりやすくていいですね。
また訪問します。
Posted by いるか at 2015年02月27日 07:37
いるかさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

自分の記事が役に立っているというのは、
本当に嬉しいです。ありがとうございます。

記事にも書いてますが、家計簿は分析してはじめて
最大の価値を発揮すると考えます。

いるかさんも、まだ分析していないようでしたら、
データがたまった段階で、各項目の変化や
このブログに掲載している世帯年収別の生活費のデータなどと
比較して分析して見てください!

きっと貯金を加速する強力な武器が見つかると思います。


Posted by うたた寝 at 2015年02月27日 19:23
うたた寝さん、こんにちは。いるかです。
せっかく家計簿の情報もたまってきたので、分析してみます。
今度報告しますね。
Posted by いるか at 2015年03月01日 10:55
いるかさん。ぜひ挑戦してみてください!!
結果として貯金がはかどることを願っています!
Posted by うたた寝 at 2015年03月02日 07:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。