本カバー.pngKADOKAWAさんから「外資系コンサルタントのお金の貯め方」を出版しました!!


2015年02月20日

2008年から2014年までの月別貯金額の分析


FXをしていたり転職して退職金が入ったりとノイズが多いので、分析してもあまり有意義な結果は得られないだろうと思い、後回しにしていた月別貯金額の推移を分析してみました。


月別貯金額の推移.png





●ノイズが多い

やはり、FXでの入出金や退職金の計上、株の売却などでノイズが多くて非常に傾向がつかみにくいです。下記で取り上げていないグラフの凸凹はほとんどがこれらを要因とするものであったはずです。




●2月は貯金額が落ち込む

2月は毎年貯金額が低めになっています。これは12月や1月に使用したクレジットカード払いの引き落としがあるためです。




●4月の貯金額も低めの傾向

大型連休のための旅行代が影響しているためと推測できます。旅行をやめればその分貯金できることはわかっています。しかしながら、当方は貯金スタイルとして普段の生活を引き締め、使うときには使いストレスなく長く貯金生活を続ける形をとっています。したがって、余程計画との乖離(かいり)が発生しない限り、4月の貯金額はこの形が続くと思います。
我慢だけの貯金生活は大変ですから。。。




●近年の8月は貯金額が多い

2つの資産運用商品が利益を上げている結果です。




●12月は貯金額が多い

12月は明らかに他の月に比べて貯金額が多くなっていることがわかります。12月は出費が膨らむ月ですが、当方はクレジットカードの利用が多いので、貯金額に影響するのは1月や2月になります。加えて12月は賞与もあるため、このような結果になっています。




●所感

今回の分析では、すべてが認識の範囲内の結果だったので、改善ポイントは見つけられませんでした。仮説のない分析はやはり良い結果を生みませんね。。。

ただ、月別の貯金額について気になることがある方は、同じような分析をしてみる価値はあります。貯金加速に向けた思わぬ視点が見つかるかもしれません。




関連する過去記事:
7年間にわたる貯金生活を振り返る〜年間貯金額の推移(平均890万円)〜
2014年末の貯金額 〜7,000万円突破〜
番外編〜過去の生活費を振り返る〜
貯金の仕方まとめ〜元外資系コンサルの貯金戦略〜












>>その他生活ブログ 家計管理・貯蓄

>>節約・貯蓄情報(人気ブログランキング)



<スポンサーリンク>



posted by うたた寝 at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年間貯金額・ライフプラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。