本カバー.pngKADOKAWAさんから「外資系コンサルタントのお金の貯め方」を出版しました!!


2015年02月12日

主婦の方必見!!夫が働けなくなるリスクと対応方法


コンサルタントとして働いていたとき、体調を崩して会社を辞めていく人が何人かいました。病んでしまって働けなくなるリスクは、意外と身近にひそんでいるのかもしれません。本日は、ライフネット生命のアンケートから、世の中の主婦たちが、夫が働けなくなるリスクに対してどのように向き合っているかを調べてみたいと思います。

データ出所:ライフネット生命「主婦1,000人に聞いた、夫が働けなくなるリスクに関する意識調査」

入院.png



●調査対象
配偶者がいて、かつ住宅ローンを組んでいる20〜49歳の女性




●身近に長期就業不能者がいる主婦は30%以上

アンケートでは32.3%の主婦が身近に働けなくなった人がいると回答しています。内訳としては、親が一番多く、次いで親戚、以下自分の友人、あなたの勤め先の人、夫の勤め先の人、兄弟姉妹となっています。内訳の上位には夫は入っていませんでした。

自身の夫が働けなくなった主婦は少ないものの、まわりには長期就業不能者がいることを鑑みると身近なリスクだと言えます。




●夫が長期間働けなくなった時に不安なことは“お金”

当然の結果ですが、金銭面の不安が上位を独占しています。

・生活費 86.3%
・住宅ローン返済 75.5%
・夫の治療費 63.7%
・子供の学費 48.2%

・夫の回復後の仕事 39.3%
・夫の世話の精神的負担 36.7%
・夫の世話と自分の仕事の両立 33.8%
・夫の世話の肉体的負担 32.1%
・夫の世話と子育ての両立 31.9%
・子供の面倒 20.3%





●対応方法と生活可能期間

夫が働けなくなった場合の対応方法TOP5は「貯金の取り崩し」、「自分の働く時間を増やす」、「趣味娯楽費を削る」、「食費を削る」、「日用品費を削る」でした。あがっている節約項目は主婦の方々が日ごろから節約しやすいと感じている項目なのだと思います。

生活可能期間については、次のような結果で1年以内が84.1%となっています。
・1週間 9.9%
・1ヵ月 17.5%
・3ヶ月 18.3%
・6ヶ月 16.8%
・1年 21.6%
・2年以上 15.9%


1ヵ月以内の家庭が27.4%も存在します。これらの家庭は、そもそも次の給与までの生活がやっとである可能性が高いです。保険に入っていなければ夫の治療費もままならない状況かもしれません。

リスク管理をどのように行って、将来にどう備えるかは家庭によって様々だと思います。色々なパターンが存在しますが、少なくてもある程度の貯金をしておけば、当面の生活費、夫の治療、子供の進路などの選択肢を広げることが可能だと思います。

夫が働けなくなった時に家庭を守れるように貯金を始めてみてはいかがでしょうか。


おすすめ関連記事:
これで安心!保険の選び方 〜ライフステージ編〜
【重要】なぜ貯金をする必要があるのか
世帯年収と生活費の関係 〜医療費編〜












>>その他生活ブログ 家計管理・貯蓄

>>節約・貯蓄情報(人気ブログランキング)



<スポンサーリンク>



posted by うたた寝 at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本人の年収・貯金額・支出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。