本カバー.pngKADOKAWAさんから「外資系コンサルタントのお金の貯め方」を出版しました!!


2015年01月04日

2014年末の貯金額 〜7,000万円突破〜


こんにちは、うたた寝です。昨年の貯金額を振り返りたいと思います。

2014年末流動性資産の残高は70,971,141円です。2013年末の残高が61,455,223円でしたので、2014年の貯金額は+9,515,918円になります。

2014年の貯金額.png


950万円を12で割って、月当たりの平均貯金額を計算すると79万円です。資産運用での収入を含めた平均月収(税込み:所得税や社会保険料が引かれる前の金額)は140万円なので、56%を貯金できていることになります。そこそこの水準だと思いますが、実績値(グラフ上の青丸)が計画値(赤い線)を下回っています。やはり、経営コンサルタントの給与を前提に立てた計画を踏襲するのは難しそうです。何か抜本的な対策を考える必要があります。

毎月の貯金額は以下のとおりです。

1月 502,993円
2月 537,792円
3月 603,686円
4月 254,654円
5月 905,891円
6月 544,703円
7月 999,660円
8月 2,290,289円(妻の賞与+運用益)
9月 434,959円
10月 597,213円
11月 668,585円
12月 1,175,493円(妻の賞与)



7年間貯金生活を続けてやっとここまで来ました。目的を達成するために引き続き尽力していきます。


次回は「2014年の閲覧数の多い記事ランキング」について記載します。お楽しみに!











>>その他生活ブログ 家計管理・貯蓄

>>節約・貯蓄情報(人気ブログランキング)



<スポンサーリンク>



posted by うたた寝 at 05:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 年間貯金額・ライフプラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うたた寝さん、明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします!

貯金が7000万円台に乗ったとのことでおめでとうございます。
本当に「すごい」の一言です。尊敬します。。。

貯蓄率が「56%」とあったので私と同じだ!と思ったら
私は手取り所得の「56%」でした。夫は自営のためまだ貯金額が
確定していませんが見込みで夫婦合計700万くらいになる見込み
です。

私のお小遣いが昨年100万以上使ったことになっており(というか
使った)これを抑えたいのですが、今年の予算を作成したところ
どうしても無理っぽいです。住宅ローンや食費雑費などの生活費は
二人の手取り所得の24%しか使っておらずお小遣いなしなら76%も貯金
できる計算になるんですけどね。。。

失礼を承知で質問させていただきたいのですが、うたた寝夫妻の
お小遣いはどのくらい、何に使っていらっしゃいますか?抑える
工夫はされていらっしゃいますか?

私の今年の最大の課題なのでぜひ参考にさせていただきたいです。

Posted by いろは at 2015年01月04日 16:15
いろはさん、あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします!!

失礼なことは何もないですよ。聞きたいことがあれば何でも聞いてください。


現在は特に、お小遣いの予算取りはしていません。
なのでお小遣い的につかったお金も公開している家計簿のどこかに含まれています。
あえて言うと、衣服費や沖縄でのレジャー代ぐらいでしょうか?
間食などは健康管理の面からもやめたので。。。


お小遣いの金額を決めていないのには事情があります。

当初は夫婦各々6万円/月をお小遣いとしていました。

しかし、その後7年間にわたる貯金生活の中で、
家計の無駄を省くことを繰り返し、何回も貯金の目的を確認しているうちに
お小遣いが余るようになりました。

どんどん必要なお小遣い額が減っていったので、
「お小遣い制をやめてもお互いにお金を使いすぎることはない」と
判断して現在に至ります。

お小遣いは色々な意味で大切なお金だと思います。
お小遣い制を採用するか否か、金額をいくらに設定するかは
貯金の目的(どのくらい切実なものか)との兼ね合いだと思います。


いろはさんのコメントからも、いつも活力をいただいます。
ありがとうございます。



Posted by うたた寝 at 2015年01月04日 18:24
うたた寝さん、快くご回答くださってありがとうございました。

毎月の収支の中にお小遣いが含まれているんだろうなとは思って
いましたがやはりでしたか。。。

夫婦で財布をオープンにされていて目的に向かって心を一つに
して貯金をがんばっているからこそ為せることなんでしょうね。

うちは根本的に財布が別だということと、私がおしゃれや旅行
にお金をかけたい人間なのでどうしても出費はかさんでしまいます。
子どもにもついつい援助してしまったり家族に贈り物をして喜ぶ
顔をみると嬉しいし。

でも予算をもう一度練って、割り振りをよく考えてみたいと
思います。

ありがとうございました。

Posted by いろは at 2015年01月05日 21:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。