本カバー.pngKADOKAWAさんから「外資系コンサルタントのお金の貯め方」を出版しました!!


2014年10月17日

年末年始の出費〜お年玉の実態(相場と総額)〜


年末年始はどうしても出費がかさみますが、その中でも意外と大きな割合を占めるのがお年玉です。家計に与える影響が大きいだけに、あげる金額について悩む方も多いと思います。本日は世の中のお年玉の実態を把握することで、みなさんの予算立てに貢献したいと思います。

データ出所:住信SBIネット銀行住信「お年玉に関する調査」


●年代別あげる対象別の相場

お年玉の相場.png

もっとも割合が高い数値(赤字)を追っていくと、お年玉をあげる側の年代より、あげる対象の学年によって金額が決まる傾向が強いようです。お年玉の一人当たりの相場は以下の通りです。

・小学校低学年 1,001〜3,000円
・小学校高学年 1,001〜5,000円
・中学校 3,001〜5,000円
・高校以上 5,001〜10,000円





●お年玉の総額

お年玉の総額.png

50代の出費が一番多く、次いで40代となり20代と30代の差はほとんどありません。続いて分布でも見てみましょう。


お年玉の総額分布.png

2万円以下で60%以上を占めています。一方で、5万円以上の割合も9%弱存在しており一か月分の食費に近い金額が支出されています。


お年玉はあげる対象人数と学年によって大きく総額が変動してしまいますが、今回紹介したデータを参考に予め予算決めをしておくことで、貯金生活を計画通り進めて頂ければと思います。


次回は「年末年始の出費〜お賽銭の実態〜」について記載します。お楽しみに!










>>その他生活ブログ 家計管理・貯蓄

>>節約・貯蓄情報(人気ブログランキング)



<スポンサーリンク>



posted by うたた寝 at 05:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日本人の年収・貯金額・支出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。いつもブログを読んでます。
もうお年玉が話題に上がる季節になりましたね。
年末年始はどうしても気が緩んでしまうので
気を付けないと行けませんね。
Posted by サン at 2014年10月17日 07:40
サンさん、はじめまして。うたた寝です。

そうですね。楽しい気分で使い過ぎてしまいますね。
貯金計画に大きく影響を与えない程度に楽しむ工夫が必要ですね!

Posted by うたた寝 at 2014年10月18日 18:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。