本カバー.pngKADOKAWAさんから「外資系コンサルタントのお金の貯め方」を出版しました!!


2014年10月15日

日本人の自己投資額 〜月額7,000円を何に使っているのか?〜


「若いうちは、貯蓄より自己投資」良く聞く言葉です。日本人は自己投資をどのくらい行っているのでしょうか?本日は、産業能率大学が実施した「経済危機下の人材開発に関する実態調査」と英会話のGabaが公開している「ビジネスパーソンのスキルと資格に関する調査」を元に日本人の自己投資額の実態を調査します。

データ出所:
・経済危機下の人材開発に関する実態調査
・ビジネスパーソンのスキルと資格に関する調査



●自己投資の金額は月額7,000円前後

自己投資金額.png

産業能率大学の調査では、日本人が自己投資に使っても良いと考えている金額に男女の差はなく、ともに年間9.7万円(約月額8,000円)となります。これに対して実際に使ったお金は男性が年間6.9万円(月額5,750円)、女性が10.2万円(月額8,500円)と大きな開きがあります。


gabaの調査ではどうでしょうか?

gaba自己投資額.png

こちらでは、男性の方が実際に使った金額が多くなっています。調査実施時期も対象も異なるのでなんとも言えませんが、これら2つの調査結果からは言えるのは男女の差については不明で、平均で考えると自己投資金額は月当たり7,000円強ということです。



●自己投資の主力は書籍の購読
月7,000円はどのように使われているのでしょうか。自己投資の使い道について産業能率大学のデータを見てみましょう。

自己投資用途.png

圧倒的に書籍に使われる割合が多く、次いで通信教育の受講とセミナー・イベントへの参加となっています。(※いずれも自己投資のみで行った学習)

自己投資額が月7,000円と聞くと多いような気がしますが、平均値が7,000円でも上記グラフにあるように、大学等に在籍する一部の人達が平均値を押し上げている構造が推測されるため中央値(一番人数が集中している付近の値)はもっと小額になると思います。また、新聞や定期購読雑誌を含めると3,000円は超えてしまうので、このぐらいの値でもおかしくないと考えます。


月7,000円の自己投資みなさんは高いと思いますか?安いと思いますか?
いずれにせよ、貴重なお金を投資するからには自己満足に終わらず、何らかの形ある成果に繋げることを意識することが大切だと考えます。

ちなみに書籍であれば、図書館や古本を活用することで抑えることが可能です。図書館では購入希望書を出すことで読みたい本を取り寄せてくれるところも多いので、ぜひ活用してみてください。新聞は主張などで好みが分かれるので難しいところですが、産経新聞であればスマートフォンアプリで無料で閲覧することが可能ですし、興味がある対象しか読まなくなってしまうのでどうしても世の中を俯瞰してみる機能は弱くなりますが、インターネットでも多くのニュースを読むことは可能です。



次回は「貯金とXY理論」について記載します。お楽しみに!










>>その他生活ブログ 家計管理・貯蓄

>>節約・貯蓄情報(人気ブログランキング)



<スポンサーリンク>



posted by うたた寝 at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本人の年収・貯金額・支出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。