本カバー.pngKADOKAWAさんから「外資系コンサルタントのお金の貯め方」を出版しました!!


2014年07月17日

投資に向く人、向かない人


あなたは自分の性格が投資に向くタイプだと思いますか?当方はこれまで色々な人から話を聞き、様々な書籍を読んで、実際に資産運用に挑戦してきました。今回は、資産運用の過程で得た知見をもとに「投資に向く人、向かない人」の特徴を紹介いたします。

資産運用.png


<投資(資産運用)に向く人>
・当面使う予定のない貯金があり、かつ継続的な収入がある
・長期間かけて最終的にお金を増やせれば良いと心の底から思える
・自分で責任を持って物事を判断できる
・感情ではなくロジカルに物事を処理できる
・疑問点や問題点を自分で調べて解決できる


<投資(資産運用)に向かない人>
・短期間で結果を出したいと思ってしまう
・自分のお金は少しも減らしたくない
・忙しくて時間がない



どうでしょうか?あなたは投資に向くタイプだったでしょうか?向かないタイプだったでしょうか?




実は、当方は投資に向かないタイプと自分自身で分析しています。「運用に向く人」の要件の多くを満たしているのですが、「自分のお金は少しも減らしたくない」という思いが強いので、投資には向かないと考えています。
※当方の投資対する考え方の詳細は「資産運用」カテゴリ内の記事をご覧ください。



経験上、運用に向かないタイプの人は損をしてしまう可能性が高いですし、運用することで精神的負荷が大きくかかってしまうため、定期預金等の超ローリスク超ローリターンの商品に絞って運用を行うことをオススメします。



次回は、「これだけは押さえておきたい投資の基本知識 〜商品編〜」について記載します。お楽しみに!










>>その他生活ブログ 家計管理・貯蓄

>>節約・貯蓄情報(人気ブログランキング)



<スポンサーリンク>



posted by うたた寝 at 05:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 貯金の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
他の記事でもコメントさせていただいております。

本当に興味深いのでついついコメントをしてしまいます。

>当面使う予定のない貯金があり

私もそう思っていたのですが、いざ含み損がでてくると、「これで〇〇もできたのではないか」と、だんだん後悔するようになっていったことがあります。

>長期間かけて最終的にお金を増やせれば良いと心の底から思える

これも始めたときはそれでいいやと思っておりました。

たとえば株価が下落しても一切気にせず、配当と優待をもらって30年かけて元本+αになっていればよいかな程度に思っていたのですが、いざ株価が下がるととても耐えきれず。。。

理屈上は利回りが3%の銘柄であれば、倒産しない限り、30年保有していれば、ほぼ元本は回収できると思うし(90%近くなる)、実際そういう計算の上、インカムゲイン狙いでやっていたのですが、だめでしたね。頭でわかってもいざ自分で始めるてみるとロジックが感情に追いついてこない。

自分自身のことはなかなかわからないな、と改めて痛感したときでした。
Posted by user at 2016年02月12日 16:08
userさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

同じ思いを経験されている方がいると心強いです。
結局、慣れないうちは値動きが気になってしまいます。そして、自分の許容範囲を超える値動き(リスク)がある商品に投資すれば、永遠に落ち着くことはないです。


>頭でわかってもいざ自分で始めるてみるとロジックが感情に追いついてこない

上述のように、慣れもあるのでしょうが、本当にロボットのように取引できる人はそれだけですごい才能を持っているのだと思います。


>自分自身のことはなかなかわからない

その通りですね。最低でもちょっとの成功だけで、自分の力を過大評価してはならないと感じています。


Posted by うたた寝 at 2016年02月14日 19:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。