本カバー.pngKADOKAWAさんから「外資系コンサルタントのお金の貯め方」を出版しました!!


2014年07月15日

ベビーシッター代・保育園/幼稚園代のために働く意味


保育園.png


共働きで小さな子供がいる場合、ベビーシッター代・保育園/幼稚園代の出費は大きな額になります。保育園/幼稚園代(6〜12万円/月)にシッター代(3万円/月)、緊急時タクシー代(1万円/月)を考えると正社員(時短)でも赤字になることも少なくないはずです。

働いても、働いてもその分がそのままシッター代・保育園代に消えて行く。そんな状態が数ヶ月続くと、仕事を続ける意味について考えてしまう方が多いようです。確かに、退職して子供と一緒に暮らす時間を確保した方が賢い選択のように思えます。

この考え方は間違っていないと当方は思います。ただ、重要な選択となるので、仕事をやめる前に次の観点で一考しておいた方が良いと思います。


・ベビーシッター代・保育園/幼稚園代がかかるのは数年
・退職の数年後に、正社員として再就職するのはかなり難しい
・働き続けた場合と専業主婦の場合の収入差は思ったより大きい

 ※「専業主婦で失う収入」参照



保育園/幼稚園代を将来への投資として捉えるか、子供との時間を優先するか、しっかりとした将来設計をした上で決めて行く必要があると思います。

余談ですが、個人的には少子化を問題視するなら、保育園/幼稚園代を0円にしてしまうくらい思い切った国の政策に期待したいです。どうせ増税するなら、このぐらい分かりやすい政策が1つぐらいあっても良いと思います。



次回は、「貯金・節約・運用の大敵「現状維持バイアス」を突破せよ!!」について記載します。お楽しみに!









>>その他生活ブログ 家計管理・貯蓄

>>節約・貯蓄情報(人気ブログランキング)



<スポンサーリンク>



posted by うたた寝 at 06:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | 貯金の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うたた寝さん

お久しぶりです
仕事でバタバタしており訪問できてませんでした

職場にも産休 育休とる女性もいて復帰してバリバリ仕事してます
でも小学生のお子さんを持つ方々はどうされているのかな??といつも思ってしまいます
今日あたりから夏休みですし、昼間母がいないのは孤独だろうなぁ…と

女性が活躍できる環境がもっと充実して行くことを期待したいですね
Posted by ももたろう at 2014年07月19日 10:35
ももたろうさん、お久しぶりです。
いつもコメントありがとうございます。


夏休み対応の件ですが、当方のまわりでは、
・学童を利用する
・小学校高学年の兄・姉がいる場合は、兄・姉が弟・妹の面倒をみる
・実家に預ける
が多いです。

ベビーシッター利用は一人もいませんでした。



お仕事お忙しそうですね。どうぞご自愛ください。



Posted by うたた寝 at 2014年07月20日 17:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。