本カバー.pngKADOKAWAさんから「外資系コンサルタントのお金の貯め方」を出版しました!!


2014年06月27日

小遣い見直しの2つポイント


小遣い見直しのポイントは「範囲を決める」「客観的なデータをもとに額を決める」の2つです。



<範囲を決める>
お小遣いの利用範囲は「外食」、「趣味」、「嗜好品」、「書籍」、「美容」など多岐にわたります。そのため、予めお小遣いでまかなう範囲を決めておかないと、月々の小遣い額を決めても無意味です。線引きが難しい主な項目は以下の通りなので、夫婦でしっかりと話し合って範囲を決めましょう。

・仕事着
・昼食代
・資格取得費用
・忘年会、新年会等の回避が難しい会社の飲み会




<客観的なデータをもとに額を決める>
感情論では結論が出ない場合が多く、最悪の場合には喧嘩なってしまうので、実際の小遣い額を決める場合には、客観的なデータを活用しましょう。客観的なデータとあなた自身の家計の状況を勘案して、夫婦で納得のいく、無理のない額を設定します。下記に、参考になる考え方とデータを紹介します。


・基本的な考え方
雑誌等で良く見かける基準では、手取り収入の10%が夫婦の小遣いの上限としている場合が多いです。手取りが25万円であれば、2.5万円が1カ月の夫婦二人のお小遣いです。


・サラリーマンの小遣い
新生銀行が2013年のサラリーマンのお小遣い額(昼食代込み)を調査しています。

〜年代別サラリーマンの小遣い平均額〜
20代:38,480円/月
30代:37,093円/月
40代:36,924円/月
50代:41,331円/月

〜未婚/既婚/子供の有無別サラリーマンの小遣い平均額〜
未婚:46,175円/月
既婚:30,995円/月
 子供あり:29,522円/月
 子供なし:23,461円/月



次回は、「保険料を節約する3つのポイント」について記載します。お楽しみに!











>>その他生活ブログ 家計管理・貯蓄

>>節約・貯蓄情報(人気ブログランキング)



<スポンサーリンク>



posted by うたた寝 at 05:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 貯金の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うたたねさん
おはようございます
毎朝早いお目覚めですね◎
このお小遣いについてはものすごく悩んでいます…
当方営業職なので営業手当のだけもらおうか…
手取りの一割にしてしまうか…
考えなきゃ〜(ーー;)
Posted by ももたろう at 2014年06月27日 06:22
うたた寝さん、おはようございます。
初コメントですが、いつも読ませてもらっています。

小遣い額は、よく仲間内でも話題になりますね。
本当の額を言い合ってるとは思いませんが、つい気になってしまいます。笑。

うちは、子どもが新学期に妻に小遣い値上げ交渉している時に、便乗交渉するのが恒例。

もうちょっと小遣いを上げてくれると嬉しいけれど、
「お弁当なしで小遣い○円アップか、現状維持か」
を迫られると、お弁当を取ってしまいます。

うたた寝さんの記事に昼食代込みの小遣い額が載ってますが、世の中のお父さんたちは、月平均いくら昼食代に使ってるんですかね?
それがわかると、妻にお弁当を作ってもらいつつ、小遣いを値上げ交渉ができそうな気が。笑。

色々、参考にしてるので、これからも訪問します。
頑張ってください。
Posted by 小遣い上げて at 2014年06月27日 07:25
ももたろうさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

お小遣いの額は切実な問題ですよね。
でも当方なら迷わず、より貯金額が増やせる方
(小遣いが少ない方)を選びますよ(^^)


朝はもともと早起きですが、ブログは書きためて
5時に自動アップしてます!!

Posted by うたた寝 at 2014年06月27日 19:39
小遣い上げてさん、こんにちは。
うたた寝です。

コメントは励みになるので嬉しいです。


お小遣いアップ苦労しているようですね!
ここはひとつ、ご協力出来るようにサラリーマンの
昼食代を調べてみます。

来週中には記事をアップ出来ると思います!
調べてもわからなかったらごめんなさい。

お楽しみに!


Posted by うたた寝 at 2014年06月27日 19:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。