本カバー.pngKADOKAWAさんから「外資系コンサルタントのお金の貯め方」を出版しました!!


2014年06月23日

生活費削減の基本戦略


基本戦略は、「出費額の大きい項目から削減する」です。月1000円の出費から500円を節約するより、月10,000円の出費から500円を節約する方が断然簡単です。細かい削減も大切なことですが、こまめな消灯や冷蔵庫の開け閉めに神経をとがらせていては生活が息苦しくなってしまいます。きゅうくつな生活にならないように出費額の大きい項目から削減して行きましょう!


世帯年収500万円を例に具体的に考えて見ます。
世帯年収500〜550万円.jpg
※他の世帯年収の平均生活費はご覧になりたい方はこちらへ


年収500万円世帯の出費を見てみると


1.食料
2.その他消費支出(小遣い等)
3.住宅費(土地家屋借金返済と合算)
4.交通・通信費
5.教養娯楽費
6.光熱・水道
7.保険料
8.教育
9.保険医療
10.被服及び履物
11.家具・家事用品


の順番になっています。


1位の食費は月62,000円以上使っているので、工夫次第で削減できそうです。これに対して11位の家具・家事用品は月9000円程度、年間でも11万円なので食費2ヶ月分しか出費していません。同じ期間努力するなら、食費で努力した方が圧倒的に大きな効果を設計できます。


まずは、「貯金の仕方 STEP 2 貯金するための準備」で紹介している「家計簿」の記事を読んでいただき、あなたの家計を把握して、何から手をつければもっとも効率的か把握して、「出費額の大きい項目から削減する」を実践していきましょう。


次回は、「食費削減の3つのポイント」を紹介します。お楽しみに!










>>その他生活ブログ 家計管理・貯蓄

>>節約・貯蓄情報(人気ブログランキング)



<スポンサーリンク>



posted by うたた寝 at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 貯金の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。