本カバー.pngKADOKAWAさんから「外資系コンサルタントのお金の貯め方」を出版しました!!


2014年06月10日

資産管理簿のつくり方


資産管理簿の作り方は簡単です。現時点の「資産」と「借金」の金額を記載するだけです。資産、借金の順番で説明します。



<資産>
資産の項目は以下の通りです。
・預金
・現金
・自宅
・自動車、バイク
・貯蓄型保険
・不動産(自宅以外)
・有価証券(株、投資信託、債権、小切手、商品券 等)
・その他



上記項目について現時点の価値を記載していきます。従って、自宅や自動車は買ったときの金額ではなく、現在の売った場合の金額を記載します。売却額はインターネットや雑誌で類似商品の価格を参考にするのが良いと思います。自身の希望で高めの売却額を想定してしまう場合がありますが、市場価格の5〜10%減の厳しい目で見た数値を設定しましょう。保険については、解約した場合の金額を記載します。これは保険会社に問い合わせることで直ぐに判明します。



<借金>
借金の項目は以下の通りです。
・住宅ローン
・自動車ローン
・教育ローン
・奨学金
・カードローン
・その他


借金も資産と同じように現時点の返さなければいけない金額を記載します。各ローンには必ず明細表があるはずなので、それを見ながら金額を書き込んでください。


金額を書き出せたでしょうか?ここまでできれば「資産管理簿」の95%は完成しています。最後に資産から借金を差し引いて純資産を算出しておきます。この純資産の大きさが家計の強さを表します。

あなたの家計の強さ=純資産=資産−借金



次回は「確保すべき純資産の額」について記載します。お楽しみに!










>>その他生活ブログ 家計管理・貯蓄

>>節約・貯蓄情報(人気ブログランキング)



<スポンサーリンク>



posted by うたた寝 at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 貯金の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。