本カバー.pngKADOKAWAさんから「外資系コンサルタントのお金の貯め方」を出版しました!!


2014年04月25日

世帯年収300〜350万円の月間生活費


こんにちは、うたた寝です(^^)

世帯年収(収入)別の月間生活費を解説します。

同水準の年収の方々の生活を知って
あなたの家計を見直すための参考にしましょう!


第15回は 世帯年収300〜350万円の月間生活費です。


平成25年家計調査報告書のデータをうたた寝が加工しました。
条件:対象地域は全国/二人以上の世帯/勤労者のいる世帯
↓↓↓↓↓(※オレンジは税金)

世帯年収300〜350万円.jpg

■基本データ
・平均世帯年収   324万円
・世帯主平均年齢  47歳
・持家率      62%
・可処分所得    26.0万円/月
・生活費      24.5万円/月(税金除く)


厚生労働省の国民生活基礎調査によると
全世帯の約68%が世帯年収300万円以上です。


世帯年収が約2倍の
世帯年収600〜650万円世帯と
生活費を比べてみます。

生活費比較300vs600.jpg

【おおよそ半分となっている費目】
教育費


【3分の2ぐらいの費目】
・住居費
・被服及び履物費
・保険料
・教養娯楽費
・その他の消費支出


別途記載した「世帯年収別生活費の比較」と
比べると額が大きく減少する費目が少ないです。

これは年収の減少にあわせて削減できる余地が
少なくなっている
ためと考えて良いと思います。


なお、可処分所得から生活費を引いた額を
貯金できると仮定すると
年収600〜650万円世帯が
年収300〜350万円世帯の
平均的な生活をおくれば
月13万円の貯金ができることになります。
(37.9万円−24.5万円=13.4万円)




世帯年収300〜350万円の世帯の
可処分所得に対する生活費の割合は

1位:食費⇒20.7%
2位:住居(土地家屋借金返済を合算)⇒15.7%
3位:その他消費支出⇒15.6%

となっています。


食費が53,760円、
その他消費支出が40,538円なので
節約して
貯金にまわす余地が
若干あるかも知れませんが
かなりきびしい生活になりそうです。

どちらも努力が欠かせないとすれば
やはり収入を伸ばす努力の方が
効率が良い
と思います。





次回は世帯年収250〜300万円の月間生活費について記載します。
お楽しみに!!









>>その他生活ブログ 家計管理・貯蓄

>>節約・貯蓄情報(人気ブログランキング)



<スポンサーリンク>



posted by うたた寝 at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本人の年収・貯金額・支出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。