本カバー.pngKADOKAWAさんから「外資系コンサルタントのお金の貯め方」を出版しました!!


2014年04月16日

世帯年収750〜800万円の月間生活費


こんにちは、うたた寝です(^^)

世帯年収(収入)別の月間生活費を解説します。

同水準の年収の方々の生活を知って
あなたの家計を見直すための参考にしましょう!


第6回は 世帯年収750〜800万円の月間生活費です。


平成25年家計調査報告書のデータをうたた寝が加工しました。
条件:対象地域は全国/二人以上の世帯/勤労者のいる世帯
↓↓↓↓↓(※オレンジは税金)

世帯年収750〜800万円.jpg

■基本データ
・平均世帯年収   772万円
・世帯主平均年齢  49歳
・持家率      84%
・可処分所得    47.3万円/月
・生活費      42.4万円/月(税金除く)


厚生労働省の国民生活基礎調査によると
全世帯の約24%が世帯年収750万円以上です。



1500万円のちょうど半分の世帯年収となるので
比較してみましょう。

生活費比較750vs1500.jpg

【おおよそ半分の支出となっている費目】
・被服及び履物費
・保険料
・交通・通信費
・教育費
・教養娯楽費
・その他の消費支出


【わずかに減少している費目】
・光熱・水道費
・保険医療費
・家具・家事用品費


【3分の2ぐらいの費目】
・住居費(土地家屋借金返済含む)
・食費




食費や住居費を含めて
差額が少ない項目を見てみると
基本的な生活をおくっていく上で
必要不可欠な費用だと分かります。


もう少し、削減出来るとは思いますが
・住居費(土地家屋借金返済含む)
・食費
・光熱・水道費
・保険医療費
・家具・家事用品費
などは、削減するのに抵抗感が強い費目だと
判断できます。


なお、可処分所得から生活費を引いた額を
貯金できると仮定すると
1500万円世帯が750〜800万円世帯の
平均的な生活をおくれば
月41万円貯金
できることになります。
(83.1万円−42.4万円=40.7万円)


最後に
世帯年収750〜800万円の世帯の
可処分所得に対する支出の割合は

1位:その他消費支出⇒16.3%
2位:食費⇒15.9%
3位:住居(土地家屋借金返済を合算)⇒13.1%

となっています。





次回は世帯年収700〜750万円の月間生活費について記載します。
お楽しみに!!






>>その他生活ブログ 家計管理・貯蓄

>>節約・貯蓄情報(人気ブログランキング)



<スポンサーリンク>



posted by うたた寝 at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本人の年収・貯金額・支出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック