本カバー.pngKADOKAWAさんから「外資系コンサルタントのお金の貯め方」を出版しました!!


2016年10月02日

2016年9月の家計簿〜今年は月30万円で生活中〜

晴れの日が極端に少なかった9月。10月以降は野菜の値上がり本格化しそうなので、メニューを工夫をしないと食費が上がってしまいそうです。。。それでは、9月の家計簿を公開します。

当方の家計簿のルールは次の通りです。
収入:税込み額で記載
生活費:給与天引きされる税金・社会保険料は含みません
貯金額:(今月末の通帳残高−前月末の通帳残高)+流動性資産


<目次>
■2016年9月の収入
■2016年9月の生活費
■貯金額
<スポンサードリンク>

■2016年9月の収入
当方の収入:700,524円
妻の収入:471,852円
=============
合計収入:1,172,376円

<昨年の収入との比較>
・2016年9月までの総収入13,014,045円
・2015年9月までの総収入12,638,102円

まわりから期待された以上の結果を返す。これを継続して収入(年収)を上げる努力する。このアプローチでは、結果はすぐに帰ってきません。2〜3年ぐらい時間がかかるケースもあるでしょう。また、偏った見方ではありますが「常に給料以上の仕事をしている」と考えれば、損をしている気分になると思います。しかし、自分の能力を高めるためにも、大きなお金を貯めるためにも、地道に1つ1つの仕事に対して、“まわりから期待された以上の結果を返す”のが近道であると感じます。少なくても我が家の収入は、こうして積み上げて来たものです。若い頃の仕事の時給は、物凄く悲惨でしたから。。。


■2016年9月の生活費
2016年9月の生活費.png

<昨年の生活費との比較>
・2016年9月までの総生活費2,770,259円
・2015年9月までの総生活費3,102,222円

今月の支出の合計額は268,017円でした。食費の増加が目立ちます。これは冒頭の野菜価格の高騰が原因ではなく、外食が多かったためです。
一年の4分の3が経過して、使った生活費は277万円。月当たりに換算すると30.8万円(2015年は34.5万円)です。去年よりは下げられているものの、移住後の生活を考えるともう少し小さな生活費が理想です。最大どこまで生活費を下げられるかの試行もしておいても良さそうです。



■貯金額
2016年9月末の口座残高 44,007,845円
2016年8月末の口座残高 43,178,905円
====================
差し引き口座残高 828,940円

<昨年の貯金額との比較>
・2016年9月までの貯金額8,280,956円
・2015年9月までの貯金額7,452,016円
去年の10%アップで貯金できています。目標に向けてラストスパート。まさに我が家は今が貯め時、貯められる内に貯めます。



現在までに貯めたお金の合計金額は次の通りです。
2016年9月末の口座残高 44,007,845円
その他流動性資産 44,860,000円
====================
貯めたお金の合計金額 88,867,845円


目標の一億円まで、あと1,113万円。



関連記事:
・貯金の仕方まとめ〜元外資系コンサルの貯金戦略〜
・7000万円貯めて考えたこと〜貯金生活を送る意義〜
・1億円貯金で実現したい3つのこと
・貯金の仕方を書くにあたって
・【重要】なぜ貯金をする必要があるのか











>>その他生活ブログ 家計管理・貯蓄

>>節約・貯蓄情報(人気ブログランキング)



<スポンサーリンク>



posted by うたた寝 at 09:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 貯金の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。