本カバー.pngKADOKAWAさんから「外資系コンサルタントのお金の貯め方」を出版しました!!


2016年04月03日

2016年3月の家計簿〜収入と生活費〜

日銀から2015年12月末の家計の金融資産残高が、過去最高の1741兆円になったと発表されました。内訳は、以下の通り。

現金・預金:902兆円(51.8%)
債務証券:25兆円(1.4%)
投資信託:96兆円(5.5%)
株式等:169兆円(9.7%)
保険・年金・定形保証:510兆円(29.3%)
その他:39兆円(2.2%)

金融資産の半分を現金・預金で保有しており、資産運用にまわす金額は20%に満たない状況です。
我が家の場合は現金・預金45%、資産運用55%ぐらいです。将来的には現金・預金10%、資産運用90%の割合にしようと考えています。理由については時間のある時に「貯めるだけ志向では貯まらない!〜お金の貯め方の根本〜」をご覧ください。
それでは本題の3月の家計簿を公開いたします。

家計簿.jpg


家計簿のルールは次の通りです。
収入:税込み額で記載
生活費:給与天引きされる税金・社会保険料は含みません
貯金額:(今月末の通帳残高−前月末の通帳残高)+流動性資産

<目次>
■2016年3月の収入
■2016年3月の生活費
■貯金額



■2016年3月の収入
当方の収入:690,524円
妻の収入:464,713円
=============
合計収入:1,155,237円

いつも通りの収入です。毎月毎月、安定的に収入があると、とても安心感があります。生活の安定のためにも、健康のためにも、自分の可能性を広げるためにも、沖縄に移住してからも何かしらの仕事がしたいです。よい仕事があればいいのですが、、、
続いて生活費です。


■2016年3月の生活費
2016年3月の生活費.png

今月の支出の合計額は274,473円でした。1月が326,803円、2月が418,052円と多めだったのですが、ここに来てやっと落ち着きました。
日本の二人以上世帯の30代の月間生活費(税金を除く)は334,000円です。年間だとちょうど400万円ですから、この金額を下回る金額を目標に生活費を上手く調整していこうと思います。



■貯金額
2016年3月末の口座残高 37,632,218円
2016年2月末の口座残高 36,878,904円
====================
差し引き口座残高 753,314円

2016年も第一クォータが終了しました。これまでの貯金額は1月58万円、2月57万円、3月75万円で合計190万円です。年間1000万円貯金を目指している割には、ゆっくりだと思うかもしれませんが、実は順調に進んでいます。1月から3月の過去の貯金額は、2014年が164万円、2015年が172万円なので、今年は昨年の10%増しです。昨年の年間貯金額が960万円超えですから、10%増しのペースなら1000万円に届きます。


現在までに貯めたお金の合計金額は次の通りです。
2016年3月末の口座残高 37,632,218円
その他流動性資産 44,860,000円
====================
貯めたお金の合計金額 82,492,218円


目標の一億円まであと1750万円。



関連記事:
・20代の生活費
・30代の生活費
・40代の生活費
・50代の生活費
・2016年2月の家計簿〜収入と生活費〜
・2016年1月の収入と生活費〜元外資系コンサルタントの家計簿〜










>>その他生活ブログ 家計管理・貯蓄

>>節約・貯蓄情報(人気ブログランキング)



<スポンサーリンク>



posted by うたた寝 at 07:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 月間家計簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。