本カバー.pngKADOKAWAさんから「外資系コンサルタントのお金の貯め方」を出版しました!!


2015年12月26日

貯金生活におけるパートナーとの意思統一のポイント

貯金生活において、パートナーに対する過剰な期待は危険です。お互いに大事に思っているパートナーであればあるほど、何も言わなくても“わかってくれている”、“納得してくれている”と勝手に思い込んでしまっている人は多いです。

パートナー間のモヤモヤ.png


パートナーとの貯金生活は、このような所からほころびはじめ崩壊します。二人でお金を貯めるのに、“これは節約していい”、“これは我慢すべき”と独りよがりで決めてはいけません。いくら好き同士でも、パートナーとあなたが、全く同じ価値観を持っていることはないのです。時間がかかったとしても、相手の立場に立って、対話を重ねて貯金生活を組み立てることが大切です。

少し話がそれますが、当方は年に数回ほど釣りをします。釣りをするときは、魚の好物のことだけを考えます。当たり前ではありますが、自分の好物なんて一切考えません。
ヒトは不思議で、相手の立場に立って考える能力があるのに、その相手が同じ人になるのと突然その能力を放棄してしまうケースが多いと思います。
“釣りと同じくらい相手の立場に立って考えることが、パートナーと足並みを揃えて、貯金生活を送るポイントなのではないか”と思う次第です。



関連記事:
・世帯単位でみる男女の働き方・生活の仕方の変化
・日本人夫婦の家計の傾向
・【年収別年齢別】無理のない節約でどのくらいの金額をつくれるか【2人以上世帯編】
・結婚までに貯めたいお金と結婚相手に求める貯金額
・妻が思う夫の年収に対する不満











>>その他生活ブログ 家計管理・貯蓄

>>節約・貯蓄情報(人気ブログランキング)



<スポンサーリンク>



posted by うたた寝 at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 貯金の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。