本カバー.pngKADOKAWAさんから「外資系コンサルタントのお金の貯め方」を出版しました!!


2015年12月24日

新たな生活をスタートさせるために必要なお金

日本の年間婚姻件数は65万組程度です。年々減っている値ではありますが、それでも1日当たりで1,800弱の新生活がスタートしている事になります。本日は、そんな新生活のスタートをきる人たち向けに、準備にかかるお金や、貯金の状況などの統計データを紹介します。

新生活.png


■調査概要
・調査期間:2015年6月3日〜7月9日
・調査対象:2014年4月〜2015年3月に結婚をした首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)、東海(愛知・岐阜・三重)、関西(大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・和歌山)の『ゼクシィ』読者、『ゼクシィ(WEBサイト)』会員
・有効サンプル数:計411人
・調査会社:リクルートブライダル総研


■新生活の準備にかかった費用は50万円未満が最多。平均値は76.5万円
<新生活準備のためにかかった費用(金額回答者のみ)>
※新生活準備のためにかかった費用とは「インテリア・家具」「家電製品」の購入費用の合計
費用 割合
50万円未満 41.0%
50〜100万円未満 29.8%
100〜150万円未満 14.1%
150〜200万円未満 9.8%
200〜250万円未満 2.9%
250〜300万円未満 1.4%
300〜350万円未満 0.7%
350〜400万円未満 0.4%

300万円以上かけて新生活をはじめる人たちもいるようです。家具と家電を全部購入する形なのかも知れませんね。ちなみに平均額は76.5万円です。


■貯金している割合は90%弱
<現在の貯蓄の状況(全体/複数回答)>
貯蓄状況 割合
毎月定額を貯蓄している 46.7%
毎月しているが額は決まっていない 30.0%
毎月ではないが余裕があるときに貯蓄している 15.4%
ボーナスや臨時収入から貯蓄している 16.8%
貯蓄していない 5.2%
わからない 3.7%
無回答 1.5%

何らかの形で貯金している人達が9割弱います。そしてそのほとんどが、堅実に毎月貯めている人たちです。


■平均値でみると年間100万円を貯めている新生活スタート者たち!
<1ヵ月あたりの貯蓄金額(現在貯蓄している人のうち、金額回答者のみ/単一回答)>
1ヵ月あたりの貯蓄金額 割合
2万円未満(0含む) 5.8%
2〜4万円未満 17.5%
4〜6万円未満 18.4%
6〜8万円未満 8.9%
8〜10万円未満 6.1%
10〜12万円未満 15.2%
12〜14万円未満 3.4%
14〜16万円未満 11.8%
16〜18万円未満 1.4%
18〜20万円未満 1.3%
20〜22万円未満 7.4%
22万円以上 2.9%

1ヵ月あたりの貯蓄額にはバラツキがあります。平均値は8.9万円なので、年間106.8万円と結構な金額となっています。


■所感
新生活準備のためにかかった費用(インテリア・家具、家電製品の購入費用の合計)で、半数以上が50万円を超えています。ベッドやエアコン、カーテンなどは結構高いので案外簡単に超えてしまうのか知れませんね。
ちなみに、当方が新生活をスタートした時は、洗濯機しか購入しませんでした。。。家具や家電はもちろん、部屋のカーテンなどもあり物で済んだ(済ませた)ので安くおさえられました。

貯蓄については、多くの人が堅実に進めており、金額も当方が思っていたより高いです。出産や新居の購入に向けて計画的にお金を貯める頼もしい姿がうかがえます。

ぜひ、初心を忘れずに、博打せずにお金を貯めて、豊かな家庭を築いて頂きたいです。



関連記事:
・専業主婦/主夫という選択と夢の実現
・お金の使い方「浪費、消費、投資」の再定義で実用性を高める!
・パートナーの考えを聞く
・自己破産の統計データに学ぶ貯金のポイント 〜破産理由〜
・自己破産の統計データに学ぶ貯金のポイント 〜負債額と借金の期間〜










>>その他生活ブログ 家計管理・貯蓄

>>節約・貯蓄情報(人気ブログランキング)



<スポンサーリンク>



posted by うたた寝 at 05:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本人の年収・貯金額・支出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。