本カバー.pngKADOKAWAさんから「外資系コンサルタントのお金の貯め方」を出版しました!!


2015年12月22日

統計データに見る家計簿をつけている男性の特徴

BearTailの「男性の家計簿に関する調査」から、家計簿つけている男性の特徴を調べてみました。

男性の家計簿.jpg


■調査概要
・調査対象:20歳以上の男性550人(家計簿を付けている男性275人、家計簿を付けていない男性275人)
・調査期間:2015年1月22日〜27日


■家計簿をつけている男性に起る変化で最も多いのは「金銭感覚」
<家計簿を付けてから何か変化はありましたか?>
・変化があった 75.3%
・変化がなかった 24.7%

<どのような変化があったか>
・金銭感覚が変わった 49.8%
・無駄遣いが減って節約上手になった 44.9%
・口座残高が常に把握できるようになった 44.0%
・貯金が増えた 27.1%
・その他 1.4%

データから確認する限りでは、男性が家計簿をつけることでのデメリットはなさそうです。


■貯金額も世帯年収も家計簿をつけている男性が上!
<貯金額>
・家計簿を付けている男性:403万円
・家計簿を付けていない男性:297万円
(家計簿の実施の有無別貯金額の分布)
家計簿の実施別貯金額の分布.png


<世帯年収>
・家計簿を付けている男性:657万円
・家計簿を付けていない男性:605万円
(家計簿の実施の有無別貯金額の分布)
家計簿の実施別世帯年収の分布.png

平均値で比較すると家計簿をつけている男性の方が、貯金額で100万円、世帯年収で50万円上回っています。


■所感
BearTailは家計簿アプリを提供している会社ですから、その分は差し引いてみる必要があります。ただし、この分を差し引いたとしても、今回のデータをみると、家計簿をつけている男性のマイナス面はないと言って良さそうです。
注目すべきは、家計簿をつけることによる変化で「金銭感覚が変わった」、「無駄遣いが減って節約上手になった」、「口座残高が常に把握できるようになった」といった意識改革に通じる部分は、安定した家計に欠かせないと考えます。

今回紹介したデータを踏まえ、パートナーの金銭感覚を探りたい場合は、家計簿をつけているかどうかを確認してみるのも良いかも知れません。



関連記事:
・家計簿で管理すべき12項目 〜完全版〜
・家計簿をつけると貯金が増える!?〜女性の家計簿事情〜
・世帯年収と生活費の関係 〜全支出〜
・世帯年収と生活費の関係 〜食費編〜











>>その他生活ブログ 家計管理・貯蓄

>>節約・貯蓄情報(人気ブログランキング)



<スポンサーリンク>



posted by うたた寝 at 05:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本人の年収・貯金額・支出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。