本カバー.pngKADOKAWAさんから「外資系コンサルタントのお金の貯め方」を出版しました!!


2015年12月07日

つき合っている相手に借金があったら〜パートナーの貯金と借金〜

大切な人であればあるほど、自分の貯金・借金の状況を伝えるタイミングは難しくなると思います。本日は、ゼクシィnetのカップルのホンネ通信からパートナーに財産状況を伝えるタイミングやその影響を紹介します。

パートナー.jpg


■調査概要
・調査期間:2013年7月23日〜8月22日
・回答数:259人


■大半が結婚前に相手に伝えている
<あなたが、パートナーの貯蓄や借金(ローン)の有無を具体的に知ったのはいつですか?>
タイミング 貯蓄 借金
結婚を決める前から 42% 72%
結婚を決めるとき 17% 8%
結婚を決めてから 37% 15%
婚姻届の提出後 4% 5%

婚姻届の提出後にパートナーに財産の状況を伝えているのは、貯蓄も借金も5%以下とわずかです。傾向としては貯蓄より借金の方が、より早いタイミングで相手に伝えている様子が伺えます。誠実な人が多いと言うことだと思います。


■貯蓄と借金の金額
<貯蓄、借金(ローン)額は大体どのくらいでしたか?>
金額 貯蓄(189人) 借金(61人)
99万円以下 29人 16人
100〜199万円 46人 15人
200〜299万円以下 28人 7人
300〜399万円以下 23人 7人
400〜499万円以下 17人 5人
500〜599万円以下 15人 0人
600〜699万円以下 7人 2人
700〜799万円以下 3人 1人
800〜899万円以下 2人 2人
900〜999万円以下 0人 1人
1000〜1999万円以下 11人 1人
2000〜2999万円以下 5人 1人
3000〜3999万円以下 2人 3人
4000〜4999万円以下 0人 0人
5000万円以上 1人 0人

貯蓄も借金も299万円以下でおおよそ半数を占めています。一方で1000万円を超える人もそれなりのボリュームがあり、貯蓄で19人(10%)、借金で5人(8%)となっています。


■貯蓄・借金が致命的な影響を与えるケースは3%
<貯蓄や借金(ローン)の状況は結婚準備に影響しましたか?>
影響 貯蓄 借金
影響はなかった 55% 61%
結婚式や新生活の準備費用を切り詰めようと思った 33% 25%
将来設計を見直そうと思った 5% 11%
予想より贅沢できると思った 4%
結婚そのものを迷った 3% 3%

貯蓄や借金の多寡(たか)で結婚を迷う人は少ないようです。


■所感
当方も結婚する際には、400万円以上の借金(奨学金)を抱えていました。でも結婚できました。
わが身を振り返ると、結婚時点の貯金や借金の額よりも、なぜその金額なのかの背景が重要な要素となっていました。つまり、お金の使い方です。例えば借金があっても、それが勉学のためで現在計画に返しているのであれば問題ないです。反対に、いくら今の貯金額が多くても、自身の収入を超えて、ギャンブルや趣味にお金を使う人は厳しいです。
妻も同じように考えてくれていたので、結婚できたのでしょう。きっと。

あなたは、パートナーの財産についてどう考えますか?


関連記事:
・パートナーの考えを聞く
・ 貯金をはじめる前に借入れを整理するべき理由
・【正攻法で考える】借金を0にする具体的なアプローチ(方法)
・借りて良いお金とダメなお金
・お金を借りることの意味











>>その他生活ブログ 家計管理・貯蓄

>>節約・貯蓄情報(人気ブログランキング)



<スポンサーリンク>



posted by うたた寝 at 05:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本人の年収・貯金額・支出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。