本カバー.pngKADOKAWAさんから「外資系コンサルタントのお金の貯め方」を出版しました!!


2015年04月01日

貯金と自己投資について考えたこと


貯金か自己投資かは永遠のテーマのようです。お金を貯める話をすると、必ずと言っていいほど自己投資すべきだという意見がでます(そう言えば、この逆のパターンはあまり見かけないような、、、)。
当方はこの議論が好きではありません。多くの方が、まるで「お金を貯める=“自己投資できない”または“自己投資しない”」を前提として議論をしているからです。

お金を貯めるのは、何のためなのでしょうか?

自己投資と貯金.png



中には貯めること自体が目的の人もいるとは思いますが、海外旅行したい、資格をとる勉強をしたい、ブランド品を買いたい、万が一や老後に備えたいなどの理由があると考えます。

・海外旅行をしてこれまで知らなかった文化に触れ、学び、そして気分をリフレッシュする
・資格を取り知識を得る
・ブランド品を身につけることで自分に自信を持つ
・万が一や老後に備え、安心してより積極的に活動できる生活の基盤を築く

これらは、自己投資そのものだと考えます。
出来るだけお金を貯めて人生を終えることを目標にする人は少ないはずです。お金を貯めるという行動には、その先に本来の目的があり、目的達成による自分にとっての有益な体験があるはずです。


もちろん、目的がない場合や目的達成のために原資が不要であれば、貯金する必要はないと考えます。ただ、この場合も、お金を使う目的をしっかりと持った方が良いと思います。
いわゆる“死に金”でなければ、貯めようが使おうがどちらでも構わないと考えます。





関連記事:
・お金の使い方「浪費、消費、投資」の再定義で実用性を高める!
・自分への投資の考え方 〜ライフプランの立て方〜
・日本人の自己投資額 〜月額7,000円を何に使っているのか?〜












>>その他生活ブログ 家計管理・貯蓄

>>節約・貯蓄情報(人気ブログランキング)



<スポンサーリンク>



posted by うたた寝 at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 貯金の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。