本カバー.pngKADOKAWAさんから「外資系コンサルタントのお金の貯め方」を出版しました!!


2014年11月10日

日本人の投資に対する意識〜日本人の投資は依存型!?〜


前回は「日本人の投資に対する意識〜日本人の弱点〜」について取り上げ、日本人の多くは投資情報に関心がない事を統計データで確認しました。本日も引続き、日本人の投資に対する意識について考察します。

データ出所:生活定点調査 博報堂生活総合研究所




●投資は自己責任ではない?

銀行や保険の金融商品で損をしても、自分の責任だと思う
運用失敗時の責任.png


損をした時に自分に責任があると考える人は50%以下です。極めて強引な勧誘でない限り、投資の最終意思決定は自分で行っているはずなので、当方は「投資は自己責任」だと考えます。しかしながら世の中としては、そのように考える人は半分しかいません。勉強になります。




●日本人は資産運用商品を自分で選べない!

金融商品の良し悪しについて、自分なりに判断できる
金融資産の良し悪し判断.png


金融商品の良し悪しについて、自分なりに判断できる人は20%以下です。

先ほどの結果とあわせて考えると、自分でどんな資産運用商品が良いのか判断が付かず、他人のすすめる商品を購入したが、上手くいかずモヤモヤした気分になる方の姿が浮かんできます。




●考察
お金を効率良く増やすために資産運用はかかせません。しかし、一方で自分の意思が入らない投資を他人に進められるまま行っても良い結果にたどり着くのは難しいと考えます。
目的を定め、自分にとって最適な投資商品の姿(リスクとリターン)をイメージする。その上で、投資の勉強をして資産運用を行うことが大切だと考えます。


次回は「お金の使い道ランキング〜20代編〜」について記載します。お楽しみに!









>>その他生活ブログ 家計管理・貯蓄

>>節約・貯蓄情報(人気ブログランキング)



<スポンサーリンク>



posted by うたた寝 at 05:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日本人の年収・貯金額・支出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。