本カバー.pngKADOKAWAさんから「外資系コンサルタントのお金の貯め方」を出版しました!!


2014年08月01日

日本人の資産運用の傾向 〜株式の投資による利益と損失〜


本日は、日本人が株式投資でどのくらい利益を上げているのかを紹介したいと思います。
※データはこれまでと同じ日証協のデータを活用しています。回答者のプロフィールは「日本人の資産運用の傾向 〜資産運用商品ランキング〜」の記事内容を参照してください。

株式売買.png


■株式の売買損益

500万円以上の利益 0.4%
300〜500万円未満の利益 0.6%
100〜300万円未満の利益 2.7%
50〜100万円未満の利益 4.2%
50万円未満の利益 12.8%
プラスマイナスゼロ 9.8%
50万円未満の損失 6.8%
50〜100万円未満の損失 4.5%
100〜300万円未満の損失 3.6%
300〜500万円未満の損失 0.9%
500万円以上の損失 0.5%
売買なし 52.5%
無回答 0.7%



株の売買で利益を出せた人は20.7%損してしまった人は16.3%です。一見、儲けている人が多そうですが、売買をしていない方が50%を超えているので、含み益と含み損を考慮しないと正確なことはわかりません。利益では、50万円未満の利益が12.8%と突出しているのに、損失面では50万円未満の損失が突出していないのは、心理バイアスが関係しているのかも知れません。心理バイアスについては「体験談!本当に怖いFX」を参照してください。



■株式の配当益

配当なし 8.3%
1万円未満 27.4%
1〜5万円未満 27.3%
5〜10万円未満 13.2%
10〜20万円未満 13.4%
20〜50万円未満 6.0%
50〜100万円未満 2.2%
100万円以上 1.4%
無回答 0.9%




大きな配当金を得るには、多額の資金が必要となります。そのため、年間20万円を超える配当金を得ている方は極わずかです。配当金は株式投資の大切な要素ではありますが、どうしても売買による損益と比較すると、影響力が小さくなってしまいます。自身の資産を守るためには、撤退基準の設定とそのルールを守る鉄の意志が必要だと考えます。




次回は、「国内株式だけに投資する危険性」について記載します。お楽しみに!











>>その他生活ブログ 家計管理・貯蓄

>>節約・貯蓄情報(人気ブログランキング)



<スポンサーリンク>



posted by うたた寝 at 05:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 貯金の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。