本カバー.pngKADOKAWAさんから「外資系コンサルタントのお金の貯め方」を出版しました!!


2014年06月01日

クレジットカードリボ払いの恐怖


こんなことを書くと、消費者金融に勤めている方々から怒られそうですが、あくまで私的意見なのでご容赦ください。


それでは本題です。
ざっくり説明すると、リボ払いとは「借入額が大きくなっても毎月の返済額は一定のまま変わらず、その分、返済期間が延びる返済方法」のことです。こんな恐ろしい仕組みが世の中にあっていいのかと思います。具体的な例をあげて考えて見ます。



■毎月5万円の買い物を4ヶ月続けた場合

<6月>
リボ払いで5万円使う
<7月>
返済1万円+利息
新たにリボ払いで5万円使う
<8月>
返済1万円+利息
新たにリボ払いで5万円使う
<9月>
返済1万円+利息
新たにリボ払いで5万円使う


4ヶ月間で20万円も使っているのに、返済は1万円のまま変化しません。返済額が変わらないリボ払いでは、負担感が小さいため錯覚を起こして、どんどん借入をしてしまいます。膨らんだ借入残高には10%を超えるような利息が付きまといます。一見夢のようでも、とてつもない副作用のある仕組みです。
このように、ただでさえ錯覚を起こしやすい仕組みなのに、カード会社からは毎月のように高いポイントと引き換えにリボ払いを進める案内が届きます。。。。。。。。



一度、借りたお金を返すには、相当な覚悟と我慢強さ必要となります(参照:【正攻法で考える】借金を0にする具体的なアプローチ(方法))。リボ払いは知らず知らずの内に借入額が増えやすい仕組みになっているので、一旦使ってしまうとサイクルから抜け出すのは相当難しくなります。


おさらい
リボ払いは、一見夢のような支払い方法だが、使い方を間違えるとその先には返済という厳しい生活が待っている。リボ払いはしないこと。クレジットカードを持っているとリボ払いをどうしてもしてしまう方は、即刻カードを解約しましょう。



次回は「銀行口座の整理が貯金を行う上で大切な理由」について記載します。お楽しみに!








>>その他生活ブログ 家計管理・貯蓄

>>節約・貯蓄情報(人気ブログランキング)



<スポンサーリンク>



posted by うたた寝 at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 貯金の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。